2012年04月27日

高松神明神社

このところ京都はとっても過ごしやすくて、いよいよいい季節がやってきました。

今日は、二条城から近い「高松神明神社」の紹介。


ここ「高松神明神社」は、平安初期に醍醐天皇の皇子

高明親王が7歳の時に、御殿として「高松殿」を造成されたのが

始まり。

時は流れて、1146年、鳥羽上皇が内裏(御所)とされ「高松内裏」となり、

後白河天皇がその「高松内裏」で即位。


保元の乱では、後白河天皇方についた源義朝や平清盛が参集した、

本拠地ともなったといわれています。

中に進むと、「真田幸村の知恵の地蔵尊」がお祀りされており、

地蔵堂の台石をさすり子の頭をなでると、知恵を授かると

いわれています。
台石がぴかぴかになっているので、「ここか~」ってすぐに
わかります。


市営地下鉄 烏丸御池駅から、徒歩4分程度。

京都市中京区姉小路通釜座東入ル nana



同じカテゴリー(社寺・仏閣・建物)の記事画像
青蓮院門跡ライトアップ
宇治平等院夜間拝観
えいでん「ひえい」に乗ってきました
安井金毘羅宮
重要文化財・旧三上家住宅 「絵はがきからみた府中と天橋立」
京の夏の旅 文化財特別公開
同じカテゴリー(社寺・仏閣・建物)の記事
 青蓮院門跡ライトアップ (2018-05-07 19:21)
 宇治平等院夜間拝観 (2018-04-06 12:00)
 えいでん「ひえい」に乗ってきました (2018-04-01 18:00)
 安井金毘羅宮 (2014-10-17 11:07)
 重要文化財・旧三上家住宅 「絵はがきからみた府中と天橋立」 (2014-07-29 00:32)
 京の夏の旅 文化財特別公開 (2014-07-26 18:36)

Posted by kyo-miti  at 10:00 │コメント(0)社寺・仏閣・建物

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。