前回に続き、新撰組ゆかりの地をあるく 壬生周辺です

 

壬生寺

新撰組ゆかりの寺です。

※壬生塚参拝、資料館見学の時間はご確認下さい



この場面、アニメ薄桜鬼でも何度か登場しています。
ICON32




新撰組壬生屯所跡(八木邸)

芹沢 鴨や近藤 勇らが宿舎としてしたところで、西本願寺に移るまでの屯所。

芹沢 鴨らの粛清が実行された時の刀傷が、今も鴨居に残っています。

※見学時間はご確認下さい。


 

旧前川邸

八木邸とともに新撰組の宿舎として提供されていたところ。

現在は、内部の一般公開はされていませんが、土日祝は玄関ショップ部分で、絵はがきや新撰組にちなんだグッズが販売されています。





■は、今回画像掲載していませんが、新撰組ゆかりの地をあるく ではこのような順路で歩きました。nana

■天満屋騒動(事件)跡~西本願寺~■輪違屋(館内非公開)~島原大門~角屋もてなしの文化美術館(公開時期ご確認下さい)~壬生寺~八木邸~旧前川邸(ショップのみ土日祝営業) ~■新徳寺(非公開)~■光緑寺


 



同じカテゴリー(あるく京都)の記事画像
すだれ
新撰組ゆかりの地をあるく~薄桜鬼・千鶴が隊士たちと過ごした日々~
同じカテゴリー(あるく京都)の記事
 すだれ (2016-05-26 12:47)
 新撰組ゆかりの地をあるく~薄桜鬼・千鶴が隊士たちと過ごした日々~ (2013-08-19 23:36)

Posted by kyo-miti  at 00:29 │コメント(0)あるく京都新撰組薄桜鬼

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。