来週からいよいよ9月。とはいえまだまだ残暑厳しい日々が続きます。

けれども暦のうえでは秋、京都の秋といえば「紅葉」が気になるところですが、本格的な紅葉シーズンまではまだ2ヵ月ほどあります。

そこで、今回のメールマガジンでは初秋の京都のおすすめとして“海の京都”と言われ親しまれる宮津・天橋立・丹後エリアへ足をのばす京都旅行を・・・



続きは、こちら。  

Posted by kyo-miti  at 17:55コメント(0)メルマガ
8月も半ばを迎え、世間はお盆休み真っ只中。夏の京都は猛暑きわまりないですが、観光のお客さまがたくさんいらしてくださいます。

一方、7月あたりから「秋の京都旅行」を計画する方もあるようで、9月10月の連休は、宿の予約もじょじょに埋まりつつあります。

特に人気の宿や、駅から近かったり大浴場があったりするホテル・旅館だと、早くから予約がいっぱいにになる傾向があります。

秋の週末や連休に京都旅行を計画の皆さんは、夏休みのうちに日程や宿泊先を決めておくのもいいかもしれません。



今回の京都みちしるべでは、少し季節を先取りして、秋の京都を・・・

つづきは、こちら。  

Posted by kyo-miti  at 13:44コメント(0)メルマガ
今日は京の七夕にあわせて開催している二条城のライトアップに来ています。
沢山のお客様がいます。
ついでに新しいポケモンもゲットしたよ‼
洋行  

Posted by kyo-miti  at 20:57コメント(0)年中行事

2016年08月01日

愛宕神社 千日詣り

愛宕山に来ています。
今年もなんとか登れましたよ!
洋行!  

Posted by kyo-miti  at 05:38コメント(0)年中行事
7月も残すところあと3日。祇園祭の行事も残すところ7/31の疫神社夏越祭のみとなりました。

毎日「耳が変になったかな?」と思うくらい強烈なセミの大合唱が響く夏の京都。暑さも湿気もハンパない真夏日が続いています。

こんな時期はキンキンに冷えたビールがやっぱり嬉しいもの。


イメージ

良質な水が豊富な京都には、美味しいビールも・・・

つづきは、こちら。  

Posted by kyo-miti  at 17:11コメント(0)メルマガ

2016年07月16日

宵山 長刀鉾です。

いよいよ祇園祭の宵山♪
土曜日ともあって沢山の人出ですよ!
洋行♪♪♪♪♪
  

Posted by kyo-miti  at 17:21コメント(0)年中行事

2016年07月14日

祇園祭のお花 檜扇

今日は宵々々山ですね♪
祇園祭のお花を紹介します。
檜扇というお花です。
祇園祭のこの時期以外はみかけません!?
黄色いかわいいお花を咲かせます。
洋行♪♪♪
  

Posted by kyo-miti  at 16:50コメント(0)
梅雨が明けたかのような、本格的な暑さになってまいりました。
7月に入り千百年余の伝統を有し、1日の「吉符入り」から31日の
疫神社「夏越祓」まで1カ月に渡る祇園祭の神事が始まりました。
連日35度を超える猛暑と合わさり「あぁ、京都に夏が来たなぁ」と感じる日々です。
7月1日から31日の1か月間に渡る祇園祭の中でも7月14日~16日の
前祭の宵々山・宵山、7月17日の前祭山鉾巡行、神輿渡御・神幸祭などが特に見応えがあり人出も集中します。
また一昨年「後祭」と共に復活した「大船鉾(おおふなほこ)」ですが
今年は船頭につける「龍頭(りゅうとう)」が復活するそうです。
偶然なのですが、散歩中に通りかかった「瀧尾神社」(JR・京阪東福寺駅北)でこの「龍頭」が入魂式のために奉納されていました。
早々間近で見られる物では無いので幸運を感じます。
ヒノキの香りがして彫り目も迫力があり、これが鉾の船頭に
付けられた姿を見に行きたいと思わされました。



  

Posted by kyo-miti  at 17:31コメント(0)

2016年07月12日

祇園祭 ひきぞめ

いよいよ祇園祭も盛り上がって来ましたよ!
今日はひきぞめです。
長刀鉾が四条通を試験曳きされています。
  

Posted by kyo-miti  at 15:59コメント(0)年中行事
7月に入り「梅雨明け?」と思うような猛暑が続く京都。

この時期の京都観光のハイライトといえばやっぱり祇園祭です。

7月半ばに行われる宵山や山鉾巡行などを目当てに来られる方が大半ですが、祇園祭は7月のはじまりとともに始まり終わりと共に終わる、長い長いお祭りです。



今年の各種行事の日程は・・・

つづきは、こちら。  

Posted by kyo-miti  at 17:58コメント(0)メルマガ

5月の三室戸寺の「つつじ」に続き、6月は「紫陽花」を見に行ってきました。face02

庭園内は赤・紫・白などのカラフルな紫陽花がたくさん咲いていてとってもきれいでしたよ

なかなか見つけられないそうですが、中にはハートicon06の形をした紫陽花もあり、
ハート型の紫陽花を見つけると恋が叶うかもと言われているそうです。
三室戸寺に行かれた際はハート型の紫陽花もお見逃しなくface05


K.Y

                                                                                                                                                                                                           

  

Posted by kyo-miti  at 15:28コメント(0)
今回のメルマガも前回に引き続き、金波樓のひろさんと事務局のナナちゃんの二人で、大原に行ってきた様子をリポートします。前回のお話はこちら



実行院を拝観しています。天台声明(節の付いたお経)が流れていました

ひろさん:仏教的な儀式のときに僧によって唱えられる声楽(お経)って感じです

ナナちゃん:そうなんですね

ひろさん:ここもお抹茶付きでの拝観もできます。お茶付だと@700円です

客殿のお座敷に進みます

ナナちゃん:ここもお庭が素晴らしいですね

ひろさん:有名なのは秋から春にかけて咲く不断桜ですが、四季折々のお花がお庭に咲いていてそれを見ながら回遊できるようです

ナナちゃん:お庭の名前は契心園と言って心字池を中心として池泉回遊式の庭園でお茶室もあるそうです

ひろさん:あとでお庭に降りて鑑賞しましょう

ひろさん:床の間に石琴が置いてますね。先ほどの声明の伴奏で使うものらしいです

ナナちゃん:石にも音階があるんですね

ひろさん:サヌカイトという石と書いてます。自然の石で音階をとるのはとても難しいでしょうね!

お庭におりてみました。お庭の中央には不断桜の木があります

ひろさん:紅葉の時期には桜の花と紅葉が同時に見られるそうです

ナナちゃん:紅葉の頃は大変込み合いますが、ぜひ一度訪ねてみたいですね

ひろさん:いろいろなお花がお庭に咲いていますね。池に咲いているのはカキツバタですかね?その横の黄色の花は初めて見ますが・・・

ナナちゃん:そこの黄色い花は河骨(コウホネ)っていうお花らしいです



ひろさん:かわいい花ですね。河骨って名前は聞いたことありますがこれがそうなんですね

つづきは、こちら  

Posted by kyo-miti  at 17:23コメント(0)メルマガ
自分は太宰ファンではないけど、今日は桜桃忌です。
大好きな永井龍雲の歌「桜桃忌」にでてくるように、いつもならば忘れているのに思い出す桜桃忌です。
せっかくなので木屋町三条のキルフェボンで佐藤錦のタルトを買って来ました。
1個1750円ですよ!
勿論、おいしくいただきました。
ちなみに桜桃がさくらんぼというのは龍雲のうたで知りました♪
洋行♪♪♪♪♪
  

Posted by kyo-miti  at 20:05コメント(0)グルメ
金波樓のひろさんと事務局のナナちゃんの二人で、大原に行ってきました。

往路は地下鉄で国際会館まで行き、京都バスに乗り換えて大原まで行くルートにしました。


ナナちゃん:おはようございます。今日は宜しくお願い致します

ひろさん:おはようございます。少し曇ってますが雨は大丈夫そうですね!

ナナちゃん:京都バスの国際会館発の時間が確か10時30分ぐらいです。急いでいきましょう!

烏丸御池駅から国際会館駅まで約15分(290円)です。10時26分発の大原行きのバス(19系統)が少ししてきました

ナナちゃん:間に合ってよかったです。これを逃すと次は11時6分発でした

ひろさん:京都駅から河原町経由の京都バス17系統のほうが本数は多いですが、市内が混む時期はこの経路は早いかもしれませんね

国際会館前駅から大原のバス停まで約30分ほどで到着です。終点の大原のバス停で下車してそこから三千院へ向かう坂を上がります



ひろさん:ここから少し登り坂です。大体15分くらいでしょうか?

つづきは、こちら  

Posted by kyo-miti  at 18:28コメント(0)メルマガ
地元・らくたびガイドさんの案内のもと、団体研修に同行させてもらい京都の禅寺をめぐっています。取材メンバーは、前回に引き続き洛兆のたかあきさん、事務局の美乃吉です。

前回のお話はこちら→ http://archives.mag2.com/0000034723/20160513165918000.html

昼頃に天龍寺に到着、まずは境内にある「篩月(しげつ)」で精進料理を

美乃吉:大変失礼ながら精進料理と聞いていたので期待はせずに質素な料理を想像していました。御椀が7つもあり結構ボリュームありますね

たかあき:本当に精進料理とは思えない内容ですね。“一汁一飯五菜”、出汁から動物性食品は使わずに植物性食品のみ作られた料理ですね。ヘルシーで現代人にはピッタリかもしれませんね

美乃吉:全部食べてしまいました。満腹です

たかあき:私も満腹です

精進料理でお腹を満たし、その後は天龍寺の拝観です

ガイド:この天龍寺は国の史跡・特別名勝第1号に指定され、世界文化遺産にも認定されています。ここ天龍寺はお庭が綺麗ですよ。

お庭は池泉庭園、枯山水庭園、露地庭園の3つに分類されます。天龍寺のお庭は池泉庭園になります。是非、お庭をご覧ください。

時間がありますのでお庭をご覧いただいた後に裏から出ていただいてバス駐車場まで竹林を散策されるのが・・・



つづきは、こちら。  

Posted by kyo-miti  at 18:43コメント(0)メルマガ

2016年05月26日

すだれ


夏には京都ではすだれが活躍します。すだれ屋さんを訪ねる用事があって初めて機会を目にしました。
すだれって夏らしくて目に見えるだけでも涼しげで、亡くならないでほしいなあと思います。
ゆみICON84  

Posted by kyo-miti  at 12:47コメント(0)あるく京都
久しぶりに大原三千院に行って来ました。
紫陽花にはちょっと早いけどお天気にも恵まれて楽しく散策して来ました♪♪♪
三千院とその奥の3つのお寺も参拝しました。
ゆきのしたのかわいい小さなお花や
こうほねの黄色いお花など紅葉の時期以外でも見所満載ですよ!
もうじき紫陽花の咲く季節になるんでぜひとも足を運んでください。
洋行♪♪♪♪♪
  

Posted by kyo-miti  at 20:24コメント(0)年中行事

2016年05月18日

京の祭り

5月21日(土)と22日(日)
寺町通りの二条から丸太町まで80件以上の露店が出る下御霊さんのお祭りなのですが、
宵宮(土曜の夜)は少し人出があるのですが、祭当日(日曜)の 神輿の日は全くといっていいほど人が出ません。両日寺町通りが歩行者天国になるのですが祇園祭のようにはなりません・・・。御所と市役所の間に位置し、かなり繁華街の真ん中であるお祭りですのでなんとか活気を取り戻してほしいです。この週末、お子さん連れの皆さん是非遊びに行ってみて下さい

下御霊神社
京都市中京区寺町通丸太町下る下御霊前町
http://shimogoryo.main.jp/index.php?FrontPage
  

Posted by kyo-miti  at 08:09コメント(0)
今回は、地元・らくたびガイドさんの案内のもと、団体研修に同行させてもらい京都の禅寺をめぐります。取材メンバーは、洛兆のたかあきさん、事務局の美乃吉です。

ガイド:おはようございます

たかあき:おはようございます

美乃吉:おはようございます。良い天気になってよかったですね、今日1日よろしくお願いします

ガイド:本日は禅宗の一派“臨済宗”のお寺を訪ねます。本年は開祖臨済禅師没後1150年遠忌の年で、春には京都禅寺65ケ所の一斉拝観がございました。今日は、南禅寺、天龍寺と相国寺の3ケ寺に行きます

朝9時に京都市役所前を出発。バスに乗り、約20分でまずは「南禅寺」に到着です

ガイド:ここが有名な南禅寺です。今日は三門から方丈、水路閣に案内させていただきます


南禅寺の境内を通る水路閣。緑もキレイでした

つづきは、こちら。  

Posted by kyo-miti  at 09:26コメント(0)メルマガ
5月13日~15日は宮津祭。

市内にある、山王宮日吉神社、和貴宮神社の春季例祭。

宮津の町の平安を祈り、太神楽、浮太鼓、子供神輿、神輿が、それぞれ東西の町内を巡ります。

毎年、当館にも、太神楽、浮太鼓、子供神輿、神輿が来てくれます。



浮太鼓は、小さい子どもから大人まで、順番にたたきます。

今年は、宮本町の浮太鼓の、当館への門付け予定時間が、

5月14日(土)午後8:30頃~10時頃の間との、お知らせが届いています。



5月15日(日)の夜には、二つの神社で、御宮入が行われます。

さわやかな風の吹くこのごろ、宮津祭へとおでかけになりませんか。

     宮津温泉 茶六別館face01  
タグ :宮津天橋立


Posted by kyo-miti  at 18:30コメント(0)宮津天橋立